生え際 育毛剤

生え際の薄毛には、効く育毛剤と効かない育毛剤がある!

生え際の薄毛といってもその症状は様々であり、原因も人それぞれです。
男性、女性によってもその原因は異なりますが、

 

 

生え際の薄毛には、効く育毛剤効かない育毛剤が存在します!

 

 

女性の場合は、一般的な女性用育毛剤で生え際の薄毛対策が可能です。
女性用育毛剤は、頭皮の血行促進効果と頭皮環境の改善効果があり、
その効果はどの商品でも似たり寄ったりですので、自分好みの育毛剤を選べば問題ありません。

 

女性の生え際の薄毛原因
  • 髪を後ろに縛りすぎ
  • ヘアカラーやパーマが原因
  • シャンプーが原因
  • 産後脱毛
  • 更年期
  • タバコ、ストレス、生活習慣

一般的な女性用育毛剤でOK!

 

 

男性の場合は、注意が必要となります。
なぜなら、原因によって効果がある育毛剤効果がない育毛剤が存在するからです。

 

一般的な育毛剤で対処可能な薄毛の原因と、
対処できない薄毛の原因を分類すると以下のようになります。

 

 

男性の生え際の薄毛原因@
  • オールバックや前髪を立たせすぎ
  • シャンプーが原因
  • ヘアカラー、パーマが原因
  • タバコ、ストレス、生活習慣

一般的な育毛剤でOK

 

 

 

男性の生え際の薄毛原因A
  • 男性ホルモンが原因

(症状・・・生え際が後退していっている)

一般的な育毛剤ではNG

男性ホルモンが原因!生え際の薄毛の特徴・・・

生え際の薄毛で悩む男性はたくさんいますが、
その原因が男性ホルモンによるものかどうかは、なかなか見分けがつかないものです。

 

 

男性ホルモンが原因の生え際の薄毛には、ある特徴があります。
それが、

 

 

生え際が後退していっている

 

 

ということです。

 

生え際の薄毛で悩んでいる人はたくさんいますが、あなたの生え際が
年月と共に後退していっているのであれば、原因は男性ホルモンだと思って下さい。

 

 

生え際が後退していっている = 原因は男性ホルモン

 

 

生え際が後退する症状は、典型的な男性型脱毛症の症状であり、男性ホルモンが原因なのです。
男性型脱毛症のハゲかたには特徴があり、

 

  • 前髪の生え際が後退するパターン
  • 頭頂部から薄毛が広がっていくパターン
  • 前頭部+頭頂部の薄毛が広がっていくパターン

 

があります。

 

 

 

ハゲ方は、人それぞれであるものの、前髪の生え際が後ろに後退するパターンというのは、
明らかな男性型脱毛症の症状であり、その原因は男性ホルモンなのです。

男性ホルモンが原因の”生え際の薄毛”に使用する育毛剤の選び方・・・

生え際の薄毛で悩んでいる人、中でも生え際が後退していっている人は、
明らかな男性型脱毛症であり、その原因は男性ホルモンです。

 

薄毛対策といえば、まずは育毛剤を使用することです。

 

ですが、

 

 

男性型脱毛症(生え際が後退している人)は、一般的な育毛剤では治りません。

 

 

なぜなら一般的な育毛剤には抗男性ホルモン効果がないからです。

 

 

男性型脱毛症の最大の原因は男性ホルモンであり、
男性ホルモンの脱毛作用を抑える必要があるのですが、
市販の一般的な育毛剤には抗男性ホルモン効果がないのです。

 

 

例えばリアップ。
リアップには、リアップX5プラス、リアップ、リアップジェットと複数の商品ラインナップがあります。
頭皮の血行促進効果に定評のあるリアップですが、抗男性ホルモン効果はありません。

 

例えばカロヤンプログレ。
カロヤンプログレは、薬局やドラッグストアでよく見かける育毛剤です。
塩化カルプロニウムという成分による頭皮の血行促進効果が高いことで評判ですが、
抗男性ホルモン対策はありません。

 

例えばアデノバイタル。
アデノバイタルは、資生堂から発売されている育毛剤で、知名度も高い育毛剤です。
頭皮環境を正常保つ効果、血行促進効果などがある育毛剤ですが、
男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果はありません。

 

例えばスカルプD薬用育毛トニック。
スカルプD薬用育毛トニックは、ジェット噴射で頭皮に吹きつけるタイプの育毛剤であり、
”抜け毛を防ぎ、発毛を促進する”と謳われている育毛剤ですが、
男性ホルモンの脱毛作用を抑制する効果は全くありません。

 

例えば育毛剤「不老林」。
不老林は、数十年前から発売されている資生堂の育毛剤です。
中年から高年男性に支持されている育毛剤です。
”抜け毛を防ぎ、髪のすこやかな成長を促します”と謳われているものの、
男性型脱毛症の原因である男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果はありません。

 

 

このように残念ながら、一般的な育毛剤には、抗男性ホルモン効果がないのです。
男性ホルモンの脱毛作用を抑える効果がないのです。

 

生え際が後退していく症状は明らかな男性型脱毛症であり、原因は男性ホルモンなのです。
男性型脱毛症なのであれば、男性ホルモンの脱毛作用を抑えなければ薄毛は治りません。

 

そのためには、

 

 

抗男性ホルモン効果がある育毛剤

 

 

を使用する必要があるのです。
世の中に育毛剤は山ほどありますが、その中から、
抗男性ホルモン効果のあるものを選ぶ要があるということです。

 

育毛剤のメインとなる効果は血行促進効果であり、
一般的な育毛剤は、頭皮の血行促進効果に重点を置いているものが多く、
抗男性ホルモン効果がある育毛剤というのはそれほど多くはありません。

 

抗男性ホルモン効果のある育毛剤の、具体的な名前を挙げると以下のものがあります。

 

チャップアップ、フィンジア、プランテル、モウガシナジーX、バイタルウェーブ、
イクオス、リンデン、Deeper3D、MSTT1、ブブカ、ポリピュアEX

 

これらの育毛剤は、ドラッグストアや薬局では売っておらず、ネット通販専門で販売されています。

 

中でもチャップアップという育毛剤は、抗男性ホルモン効果が高い育毛剤として知られています。
それゆえ、生え際が後退している男性は、チャップアップを選ぶ人が多く見受けられます。

 

【生え際に効く育毛剤・効かない育毛剤】※商品選びの危険な罠!

 

抗男性ホルモン効果という点で、上記の育毛剤を比較すると以下のようにあります。

 

 

抗男性ホルモン効果比較
  • チャップアップ・・・★★★★★★★
  • フィンジア・・・★★☆☆☆☆
  • プランテル・・・★★★☆☆☆
  • モウガシナジーX・・・★★★☆☆☆
  • バイタルウェーブ・・・★☆☆☆☆☆
  • イクオス・・・★★★★☆☆
  • リンデン・・・★★☆☆☆☆
  • Deeper3D・・・★★☆☆☆☆
  • MSTT1・・・★★☆☆☆☆
  • ブブカ・・・★★★★☆☆
  • ポリピュアEX・・・★★☆☆☆☆

 

 

あなたの生え際の髪が後退しているのであれば、原因は男性ホルモンです。
男性ホルモンが原因の生え際の薄毛で悩んでいるのであれば、
抗男性ホルモン効果のあるこれらの育毛剤を使用しなければ、薄毛が治ることはないです。

 

巷には数え切れないぐらいの育毛剤があり、
各育毛剤メーカーはあの手この手で商品を売り込んでいます。

 

 

ですが、そうした謳い文句にはダマされてはいけません!

 

 

あなたの生え際の薄毛の原因は何なのか、ということを客観的に分析してみてください。
その原因の対処に最も効果的な育毛剤を使用することが薄毛克服への近道なのです。